Crusader GTX Infinium Jacket M

59,400円(税5,400円)

SOLD OUT

アイテム情報をもっと見る

アイテム詳細

最も保温性の高い、クルセイダーシリーズの 2レイヤーインサレーション・フリーライド・スキージャケット。
Gore-Tex INFINIUM メンブレンを使用し、Thermolite Active 中綿を封入。1つの胸ポケット、2つのハンドポケット、
脇下のベンチレーションジッパー、パウダースカート、ハンドゲイターなどを装備。

「Live to play another day」
文 齋藤勇洋
「え、この柔らかさ、綿の量で大丈夫なのかな・・・」と思ったのが、このウェアーを初めて手に取ったときの感想でした。

僕がシーズンの大半を過ごすのは岩手県の安比高原スキー場で、ハイシーズンはマイナス17度にもなるエリアです。そんなスキー場でレッスンをメインに活動している(YouTuberとしても活動していますが...)僕としては、元々寒がりなのもあり「暖かいかどうか」が第一条件でした。
 
デザインや着心地、色味や質感などは申し分なく、GORE-TEXでこの柔らかさを出せるのは本当に凄いと思いましたし、ジャケットのシルエットも丈が長くスタイリッシュに見えるので、寒さに耐えられるのか?という点以外は何も問題はありませんでした。
 
12月。シーズンインと共にこのCrusader GTX Infiniumを着てスキー場に立った時、「あれ、全然寒くないわ。」と拍子抜けしたのを今でも鮮明に覚えています。こんなに薄いのにこの暖かさを保てること、GORE-TEXなのにこれほどに柔らかくてGORE-TEX特有のパリパリした感触がなく、フワフワした着心地に思いっきり満足してレッスンシーズンに突入していきました。
 
1月。ハイシーズンになり、暖冬といえどもマイナス15度になる時もあり、寒がりの僕はシーズンインの時の感覚のまま過ごせるのかとちょっと気にかけていた気持ちもありますが、いつも通りのインナーの組み合わせで(ハイシーズンはインナーをダウン素材のちょっと暖かいものにしています)問題なくレッスンに集中して過ごすことができました。
 
2月3月と春になるにつれて、インナーの調整をしつつ快適に過ごすことができ、春はベンチレーションを活用しながら気持ちよくレッスンやYouTubeの撮影ができました。
 
手に取ってみるとわかると思います。上質な生地。Sweet Protectionならではの色合い。必要以上にポケットを増やさず、使い勝手が良い作りでありながらの綺麗なシルエット。そして、綿入りなのに移動の時やバックパックにしまう時に思っている以上にコンパクトにまとまる便利さ。リフトチケットは左ポケットの内側にもう一つポケットを配置して、ポケット内で財布などと干渉することなくスムーズにゲートを通過することができるストレスのない快適さ。
 
このシーズンでSweet Protectionの虜になりました。





SIZES:

S-XL [M], XS-L [W]


WEIGHT:

710 g (MENS L), 655 g [WMNS M]


MATERIALS:

2L GORE-TEX INFINIUM
100% POLYESTER
THERMOLITE AVCTIVE 40g



この商品について問い合わせる